FC2ブログ
のんびり、ぼちぼち、食べ歩き。
どこ?


ぬし


Follow Me!

なう。リアルタイムどこたべ。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

どこ行こ?


なに食べよ?


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--⁄--⁄-- --:--|スポンサー広告||
▲pagetop



古川農園@会津若松市。


福島県ツアー、2軒目はこちら、古川農園、さっきのマルキ食堂もそやけど、外からはここが古川農園かどうか全然わからない。(笑)
P1160393.jpg

肉そば 850円。
P1160398-001.jpg

おぉぉぉー!でた、インスタ映え!

uma.jpg


一面の肉の下には、会津ラーメンの特徴なのか(?)ほうれん草と、ネギ、メンマが、そしてここもまたモチモチのピロピロ麺がウマい!めったにチャーシュー麺食べないけど、ここではぜひ肉そばを!





住所:福島県会津若松市河東町倉橋字鏡山21
電話:0242-75-3080
営業:11:00~14:00 ※スープがなくなり次第終了
定休:水曜(祝日の場合は翌日)

スポンサーサイト


2018⁄12⁄08 07:24|東北ラーメンcomment(0) trackback(0)
▲pagetop



マルキ食堂@西若松 福島県立会津高校そば。


おやぶんと行く、福島県ツアー、1軒目は、会津高校のそばにある食堂。
P1160379.jpg

何でこんなとこブックマークしてるんやろ?大崎さんの母校やったかな?
P1160383.jpg

天ぷら中華のメモがあったので、天ぷら中華 580円。

注文してから、野菜切って、天ぷら揚げてくれてる…
P1160386.jpg

ん?
P1160389.jpg

かき揚げめっさデカいやん?(汗

食堂素朴系中華そばの最高峰な優しい味、チャーシューも美味しいわー、麺は北系のちぢれ麺、お腹いっぱいやん、次食べれるのか?と、お会計しようとしたら、

食後のコーヒーいれてますのでー

何と、580円のラーメンにコーヒー付けてくれた。
P1160391.jpg

学生時代の思い出食堂、こんなん近所にあったらええなぁ。

ごちそうさまでした。





住所:福島県会津若松市表町3-14
電話:0242-28-1292
営業:???
定休:???



2018⁄12⁄08 07:20|東北ラーメン 食堂comment(0) trackback(0)
▲pagetop



長尾中華そば 青森駅前店。


長尾中華そば、東京で食べられるようになったんすねー、

となると、現地で食べたくなるのが世の常ってもんですな。← 違?

前回、まさかのごはんお代わり事件で食べられなかったおさないのホタテフライや、工藤も含めて、

青森行こかの、飛行機も、思った程高くないし。

ってな訳で、行ってきました。



長尾中華そば 青森駅前店(その1)。
P1150661.jpg

今回の青森行きのきっかけになったこちら、本店はちと遠いので駅前店で、

こちらはお客さんオレ1人やのに、なかなか出てこない、お店は1人1人ボックスで、味集中カウンターみたい。
P1150827.jpg

あっさり(手打ち麺)600円。
P1150667.jpg

やっと出てきたラーメンは、くどうよりちゃんと煮干しなスープに、ソフト麺みたいな細うどん、やなくて麺で、ちゅるちゅる、青森は、ネギがウマいね、瞬殺、ごちそうさまでしたー!
P1150665.jpg



長尾中華そば 青森駅前店(その2)。

中落ち丼食べた後は、セブンでコーヒー買って、ここの開店待ち、
P1150822.jpg

3分前ぐらいに開けてくれた、さて、
P1150824.jpg

今日はこく煮干(中太麺) 730円。
P1150833.jpg

んー、煮干濃い、美味しいギリギリのよな気する。ごくえぎ、て、灰色系なんやろか?(汗
P1150829.jpg

次はあっこくやな。← 結構お気に入り。



長尾中華そば 青森駅前店(その3)。

一日二回行ってしまうハマりっぷり、
P1150886.jpg

あっこく(中太麺) 680円。
P1150888.jpg

あ゛~、ちょうどええ!
P1150891.jpg

全部がちょうどええ、長尾ええわ~

もっかい行くかも?(笑)



長尾中華そば 青森駅前店(その4)。

やっぱり、来ちゃいました。
P1150920.jpg

ごくえぎ 800円。
P1150924.jpg

これで、全メニュー制覇か?

さすが「ごく」スゴい煮干し!でも、嫌じゃない、ちゃんと美味しい。

どっかの悪ふざけみたいなセメント色のそれではない、さすがですな。

ごちそうさまでした。





住所:青森県青森市柳川1-2-3 青森駅ビル ラビナ 駐車場 1F
電話:017-773-3715
営業:7:00~21:00
定休:月曜日(祝日の場合は火曜日休み)



2018⁄12⁄08 05:24|東北ラーメンcomment(0) trackback(0)
▲pagetop



東北に行ってきました。


20160219_111119583.jpg

20160219_141101642.jpg

P1050031_20160306072554d8a.jpg

20160219_201707852.jpg

20160219_235359166.jpg

20160219_234231645.jpg

P1050037.jpg

P1050042_20160306072557e93.jpg

P1050046_201603060725589b5.jpg

20160220_102431826.jpg

P1050048.jpg

P1050051.jpg

20160220_155243310.jpg

20160220_164257482.jpg

20160220_191943689.jpg

P1050059.jpg

P1050063.jpg

P1050068.jpg

P1050072.jpg

20160221_123333613.jpg

P1050074.jpg

P1050079.jpg




2016⁄03⁄06 08:02|東北||comment(1)
▲pagetop



山形県河北町の冷たい肉そば、食べくらべ。


オリジナルを食べるまでインスパイア食べたくない僕は、燕三条系も、二郎系も、長岡生姜系も、カレーラーメンも、山形冷たい肉そばも、食べられないの…(涙)

てな訳で、インスパイア食べるためにオリジナルを食べるぞシリーズ第1弾!

「山形冷たい肉そば」

調べてると、 「いろは派」 と 「一寸亭派」 の2大勢力(?)とか。

ならやっぱり両方食べないと、ね。


まずは「いろは本店」へ、開店5分前に到着、一人も待ってない。

ま、人気店とはいえ遠いしね、こんなもんなのかなと。


つめたい肉そば 普通盛(200g)700円。
P1040470.jpg
想像通りの味やけど、想像以上にウマい。

なんか、昔おかんがつくってくれたかしわ入りのそばが冷めた感じ。(←ほめてる)
ほっこり、あ、麺はしっかりしてる、そこはおかんとは違う。

200g多いかなと思ったけど、ツルツルっと完食。


さて、一寸亭 本店へ。。。

あかん、順番間違えた。(汗)
こっちは大行列。

かなり大箱のこちらは名前を書いて待つファミレス的システム、貼り紙多い系。

冷たい肉そば 680円。
P1040481.jpg
お店もそばも、こっちの方がきれい。
味の方も良くいえばスッキリクッキリ、悪くいえば工業的、コナ多めでからい、麺つゆちっく。
2杯めやからかも?やけど。

お店も接客もそばも、対照的な2つのお店、
好みの問題やけど、どちらか一杯なら、私はいろはが好きやなぁ。

以上、よんがお届けしました。



2015⁄07⁄12 22:24|東北そばtrackback(0)
▲pagetop



仙台→喜多方→山形→仙台


P1040083.jpg

P1040086.jpg

P1040091.jpg

P1040098.jpg

P1040102.jpg

P1040110.jpg

P1040114.jpg

P1040128.jpg

P1040135_20150211100508274.jpg




2015⁄02⁄11 10:06|東北|| trackback(0)
▲pagetop



中華そば 嘉一@勾当台公園 仙台市。


ランチセットA(中華そば+鶏めし)780円 + 鶏チャーシュー麺に変更 100円。
P1020736.jpg
うぉぉぉ
とり

つづく←おい!



2014⁄02⁄11 11:09|東北ラーメンtrackback(0)
▲pagetop



中華そば処 琴平荘@山形県鶴岡市三瀬。


2011年7月

山形県鶴岡市の旅館、琴平荘が冬の間だけ大広間でやってるラーメン屋さん。
R0025367.jpg

はんつさんに教えてもらってから行きたい行きたと思ってたけど念願かなってやっと来れた。
R0025372.jpg

どう見ても旅館な玄関を入って大広間へ、
R0025376.jpg

フスマを開けるとたくさんあるテーブルは全部埋まってて、待ちスペースには20人以上のお客さんが順番待ち。
R0025377.jpg

帰って行くお客さんに、「どうしたらいいんですか?」と尋ねると、番号札を取って待ってればいいらしい。20番の札を取って座敷で待ってたら15分程で呼ばれた。

こんなに待ってるのに相席にはせず、一人でも一テーブルなのがうれしい。

メニューは中華そばのあっさりとこってり、あとはトッピング。
R0025380.jpg

中華そば あっさり 680円。
R0025383.jpg

魚介系のいい香りがするスッキリしたスープに中太の縮れ麺がプリプリ、これはウマい!チャーシューもいい味ついてる。
R0025385.jpg

夢中で完食、スープも飲み干す、あ゛~、ウマかった。

余韻に浸りながらの帰り道、後味まで美味しい。

教えてくれたはんつさんに感謝!m(_“_)m

遠いけどまた来たいなぁ。





住所:山形県鶴岡市三瀬己381-46
電話:0235-73-3230
営業:10月1日~4月30日の11:00~14:00
定休:木曜日

http://www.sanze.net/~konpirasou/



2012⁄04⁄01 10:04|東北ラーメンtrackback(0)
▲pagetop





| HOME |



Copyright © 2019 どこ行こ?なに食べよ?. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Steve Wall
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。